小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

(興味深いニュース) 英首相がクリケット中継番組に出演、「ロボット」のあだ名に反論 ほか

英国のメイ首相が、国内で人気のあるBBCラジオのクリケット中継番組「テスト・マッチ・スペシャル」に出演した。

謝罪会見が大好きな私たち

(『脱批判のススメ』 <第3章 批判する人の特徴>より抜粋)

孤独な登場人物が出てくる小説を読みたかった

今から遠い前の話。私は就職のために、それまで長く住んでいた土地を離れて、とある県で一人暮らしをしながら仕事に就いていたことがあった。

写真・「住宅街の夜」

『結衣さんの東京一人暮らし』①

十月の晴れ渡る青空を背景に、東京都心の高層ビル群を、下から眺めている。

(興味深いニュース) 川を泳いで通勤、道路混雑に嫌気のドイツ男性 ほか

CIAで訓練中の爆発物探知犬候補、仕事に興味示さずクビに(AFPBB News) http://www.afpbb.com/articles/-/3147465 (大まかな内容) 米中央情報局(CIA)で訓練中だったラブラドルレトリバーで爆発物探知犬候補のルルが、訓練の過程で落第しチームから外さ…

強い自意識が悩みや精神不安定の原因となる

(『刺激から離れる生活』 <第5章 人間関係の刺激> より抜粋) 「自意識=自分の価値が高いか低いかを気にする心」

電車で隣に座った男性の話

この前の日曜日、電車に乗った。 その電車の座席は、都市部の通勤電車では一般的なロングシートと言われる型だった。私はその真ん中辺りに座りながら、少し前に動画共有サイトで見た南極のペンギンの群れについて、ぼんやりと考えていた。

『後藤田さんの静かな生活』②

午前中のうちに、畑に増えていた不要な雑草を除去した。昼食を食べて、そのあと、少し昼寝をする。 昼寝から覚めたあと、家の中を掃除したり、洗濯物を取り込んでたたんだりと、細々とした作業を済ませているうちに、午後三時のお茶の時間になる。

写真・5

『ブラタモリ』という安らぎと魅力

「心休まるテレビ番組を探し求めて」 テレビが私たちに与えてくれるものは、通販番組と保険のCM、ニュース、知識、笑い、それに通販番組と保険のCMなど色々ありますが、私はテレビには主に安らぎを求めています。

刺激の強いフィクションに踊らされる私たち

(佐藤密『刺激から離れる生活』「第4章 目に見えやすい刺激」より抜粋) ヒットする作品に存在する共通点

(興味深いニュース) ユーモアで抵抗、英襲撃からビール片手に逃げる男性が話題に ほか

旅先のホテル評価、厳しいのはUAEや日本の観光客(CNN.co.jp) https://www.cnn.co.jp/business/35067901.html (大まかな内容) 世界のホテルのオンライン予約サイト「アゴダ」は2015年7月26日までに、旅先で利用したホテルの評価に関する国民・…

『人間嫌いの中居さん』①

深夜。 ひっそりとした住宅街の中を歩く。 誰も人のいない道路を、街灯が静かに照らしている。

本筋ではない場所に意外な面白さがある

最近、ここ数ヶ月で個人的に面白かった出来事を思い出してみたら、結構どうでもいいようなことが案外面白かったものとして記憶に残っているということに、ふと気づいた。

写真・4

言葉の持つ印象について考える

言葉というものは、その一つ一つにイメージや印象のようなものがあるように思う。

『早坂さんは時代になじめない』①

仕事から帰るいつもの電車の中。混雑した車内のドア付近に立って、読みかけの本を読んでいる。

当事者から遠い人ほど強い批判をしやすい

(佐藤密『脱批判のススメ』 第3章「批判する人の特徴」より抜粋)

(興味深いニュース) 英フィリップ殿下の公務引退表明、バヌアツの小部族に衝撃 ほか

・誤りでミシュランの星獲得、客殺到の仏レストラン(AFPBB News) ・キリンが絶滅危惧種に、「レッドリスト」最新版で指定(CNN.co.jp) ・英フィリップ殿下の公務引退表明、バヌアツの小部族に衝撃(ロイター)

Twitterとブログの特徴と本質的な違い

SNS

目次 はじめに Twitterは人間関係が占める割合が大きい Twitterで闇雲にフォロワー数を増やすのは無意味 Twitterとブログ、それぞれのメリットとデメリット ネットで主張したいことや意見がある場合には 長期的に見るTwitterとブログの特性 最後に

『後藤田さんの静かな生活』①

一日の朝は、体操から始める。晴れている日は、庭に出て、太陽の光を浴びながらやることにしている。

【お知らせ】 新刊『静かなひとり暮らしたち』

小金井書房の新刊、出版いたしました。年齢も性別も様々なひとり暮らしの人物たちの、五つの短編小説。

写真・「夜の公園」

宅配ドライバーの多忙さに見る、過剰に便利な社会の歪み

(佐藤密『刺激から離れる生活』 第2章より抜粋) 「便利だけれど忙しい現代」 現代はあらゆるサービスが発達して、私たちの生活の何もかもが便利になっています。

(興味深いニュース) ヨガパンツ批判の米男性に抗議殺到、自宅付近でデモも ほか

満員車内揺れて…頭当たりガラス割れる 東急田園都市線(朝日新聞デジタル) ほか

村上春樹氏の新作小説の人気にざわめく

村上春樹氏の新作の小説が出ていて、どうも最近売れているらしい。 先日外出先で何人かの人たちがその本のことを話題にしているのを偶然耳にした。

写真・3

批判、悪口等の否定的な言葉がネットや世間に多い理由

(『脱批判のススメ』 <第2章 なぜ批判をするのか>より) さて、この本のテーマでもありますが、どうして世の中にはこんなに批判が多いのでしょうか。

本『長考力』に見る佐藤康光棋士の人柄の魅力

長考力 1000手先を読む技術 (幻冬舎新書) 作者: 佐藤康光 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/11/28 メディア: 新書 この商品を含むブログ (6件) を見る 「本の内容と佐藤康光氏の魅力」 『長考力 1000手先を読む技術』(幻冬舎新書)は将棋棋士、佐藤康…