小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

静かなひとり暮らしたち

『人間嫌いの中居さん』①

深夜。 ひっそりとした住宅街の中を歩く。 誰も人のいない道路を、街灯が静かに照らしている。

『早坂さんは時代になじめない』①

仕事から帰るいつもの電車の中。混雑した車内のドア付近に立って、読みかけの本を読んでいる。

『後藤田さんの静かな生活』①

一日の朝は、体操から始める。晴れている日は、庭に出て、太陽の光を浴びながらやることにしている。

【お知らせ】 新刊『静かなひとり暮らしたち』

小金井書房の新刊、出版いたしました。年齢も性別も様々なひとり暮らしの人物たちの、五つの短編小説。