小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

静かなひとり暮らしたち

『後藤田さんの静かな生活』③

散歩から帰ったあと、少し休んでから、夕飯の準備に取り掛かる。 夕飯は毎日、時間をかけて作る。今日のメニューは、麻婆豆腐と、ほうれん草の胡麻和え。麻婆豆腐は、よく作る好きな料理だ。以前に料理本で作り方を覚えてから、よく作るようになった。

『結衣さんの東京一人暮らし』②

十分ほどで、近所のスーパーに到着する。 最近、毎日のように来ている場所だ。本当は、単に買い物をするだけなら、三日に一回くらいだけ来ればいいんだけど、買い物をしなくても来ているので、そうなっている。

『レンタルビデオ店員の麻子さん』①

レジカウンターの中で、返却ボックスに入れられた商品の返却処理をしていると、自動ドアが開いて、お客が入ってくる。 「いらっしゃいませー」 ちらりとお客の方を見て、また作業を続ける。

『早坂さんは時代になじめない』②

帰宅する人たちの混雑に紛れて駅を出ると、じっとりとした空気が、肌にまとわりついてくる。

『人間嫌いの中居さん』②

目が覚めると、カーテンの向こうが明るい。時計を見ると、午後三時少し前だった。

孤独な登場人物が出てくる小説を読みたかった

今から遠い前の話。私は就職のために、それまで長く住んでいた土地を離れて、とある県で一人暮らしをしながら仕事に就いていたことがあった。

『結衣さんの東京一人暮らし』①

十月の晴れ渡る青空を背景に、東京都心の高層ビル群を、下から眺めている。

『後藤田さんの静かな生活』②

午前中のうちに、畑に増えていた不要な雑草を除去した。昼食を食べて、そのあと、少し昼寝をする。 昼寝から覚めたあと、家の中を掃除したり、洗濯物を取り込んでたたんだりと、細々とした作業を済ませているうちに、午後三時のお茶の時間になる。

『人間嫌いの中居さん』①

深夜。 ひっそりとした住宅街の中を歩く。 誰も人のいない道路を、街灯が静かに照らしている。

『早坂さんは時代になじめない』①

仕事から帰るいつもの電車の中。混雑した車内のドア付近に立って、読みかけの本を読んでいる。

『後藤田さんの静かな生活』①

一日の朝は、体操から始める。晴れている日は、庭に出て、太陽の光を浴びながらやることにしている。

【お知らせ】 新刊『静かなひとり暮らしたち』

<ひっそり一人で、暮らしています。> 小金井書房の新刊『静かなひとり暮らしたち』。年齢も性別も様々なひとり暮らしの人物たちの、五つの短編小説。