小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ、をテーマに

「ハゲ」という言葉はいずれ差別用語になるかもしれない

 

f:id:koganeisyobou:20160207211604j:plain

 

「ハゲ」は侮蔑、侮辱的な言葉

髪の毛の薄い人に対して「はげ」という言葉は、今の社会では割と一般的に使われています。テレビなどでも「ハゲ」って普通に使われていますよね。

そのことに対して私はどうも違和感があります。一言でいうと、これは髪の毛の薄い人に対する侮蔑的な言葉であって、みんな普通に使っているけれど本来は差別にあたる言葉なのではないかと思うからです。

とはいっても、「禿げ」とか「禿げる」という言葉自体は、単に髪の毛が抜けて頭皮が露わになる様を差す言葉にすぎませんし、また、山などの草木がなくなることを指す言葉でもあるので差別用語ではないと思います。

問題なのは、いわゆる「ハゲ」と表記されるような、人を笑ったり馬鹿にしたりするような使い方です。

特にテレビでは笑いのネタに使われることが多いですよね。

人にはそれぞれに様々な身体的特徴があるものですが、他の身体的特徴と違って髪の毛が薄いというのは、昔から笑いの対象にされやすいようです。

 

ところで、社会では障害者を差別したり人権を侵害してはならないということがルールになっています。

そういう人たちは、自分のせいではなく生まれつきの(または不慮の事故や病気などによる)特徴によって生活に制限を受けているのだから、そのことで人権が損なわれることがあってはならない、と。

だったら頭髪の薄い人や、その他の身体的特徴がある人も同じではないでしょうか。

そういった人たちも、生まれつきの体質や自分の意志でどうにもできない身体の特徴を理由に人としての尊厳を傷つけられてはならないはず。

でも今の世の中ではどうでしょうか。「ハゲ」という言葉はごく普通に使われていますし、テレビなどではよく笑いのネタとして扱われています。

 

よくよく考えて見れば、これはおかしいことなのではないでしょうか。

薄毛の人を笑ったり馬鹿にするというのは、侮蔑的な行為だと私は感じます。

別に薄毛に対する笑いを全て禁止しろ、などと言うつもりはありませんが、笑っていいのは、本人がそれを望んでいたり許容している場合だけではないでしょうか。

例えばお笑い芸人が自分でそれをネタにしたり、一般の人が冗談で自分をネタにして笑わせる場合などです。

 

薄毛やマイノリティの人に対する共感の欠如

あらためて考えて見ると、髪の毛の薄い人を馬鹿にするというのは倫理的に相当問題がある行為です。

では、どうしてこのことが社会であまり問題になっていないのかというと、結局髪の毛が薄いということは社会全体の中の一部の人が抱えていることであり、多くの人は当事者ではないので共感しないからではないでしょうか。

薄毛は主に男性に起きる現象ですので、多くの女性は共感しません。その男性の中でも一部の人に起こる現象ですので、共感しない男性も多いでしょう。

 

同性愛にしろ薄毛にしろ、マイノリティに対して多くの人は共感や感情移入をしません。

マジョリティにとってマイノリティは他人事、別の生き物の話です。自分とは全く違う考えや感じ方をする人間がいるということが想像できないのです。

だから平気で「同性愛なんて信じられない」「頭がおかしい」とか、「ハゲ」と言って人を笑ったりできます。

でも、髪の毛が薄いことで深刻に悩んでいる男性は(女性も)実際には大勢います。薄毛以外でも自分の身体の特徴で悩んでいる人は沢山います。

 

少しリアルに想像してみればわかるはずです。もしみなさんが生まれつき自分ではどうしようもない身体の特徴をもっていて、そのことで人から笑われたり尊厳を傷つけられたらどうでしょうか。

傷つくでしょうし、差別に対する怒りを感じるでしょう。また、多数派という暴力的な存在に恐怖を感じるかもしれません。

私も自分の意志ではどうにもできない生まれつきの身体的特徴があるので、そういうマイノリティの人に共感する部分がありますし、今の世の中はまだまだ野蛮なのだなあ、と感じています。

数十年後に振り返ってみれば、おそらくこの現代も野蛮で遅れた時代だったとして振り返ることになるでしょう。

 

将来は差別用語になる可能性がある

法律的に差別というものがどのように定義されているのか詳細は知りませんが、私自身は自分ではどうしようもない身体的や精神的特徴などによって、人の尊厳や人権が侵されることが差別だと捉えています。

「ハゲ」という言葉はこの先社会で差別用語になるかもしれませんし、ならないかもしれません。個人的には差別用語だと捉えていますが、こういった言葉を差別用語とするのは言葉狩りだという意見もあるでしょう。

私は議論も人に働きかけたりするのもあまり好きではありませんので、この言葉の問題について他人に強く主張はしません。

ただ個人的には薄毛の人に対して「ハゲ」という言葉は使いませんし、使ってはいけないと思っています。

それは人を傷つける可能性が非常に高いものであることは間違いないのですから。

仮に本人が自分で薄毛を笑いのネタにしていたとしても、本当は心では泣いているかもしれません。そういう場合だってあるでしょう。

 

私が子供の頃、「乞食」という言葉はごく普通に使われていましたが、それもいつの間にか使ってはいけない差別用語となりました。

それと同じように、今は一般的に使われている「ハゲ」やその他の問題のありそうな言葉も、近い将来差別用語として使われなくなる日が来るかもしれません。