小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

サードプレイスという居場所

 

f:id:koganeisyobou:20170805111121j:plain

 

サードプレイスとは何か

サードプレイス」という言葉があります。

これは「ファーストプレイス(家)」でも「セカンドプレイス(職場や学校のように長く時間を過ごす場所)」でもない、自分らしく過ごすことができる居心地のいい第三の場所、という意味の言葉です。

コーヒーショップチェーンのスターバックスコーヒーが、このサードプレイスというコンセプトを導入していることでも知られています。

私はこのサードプレイスや居場所というものにかなり関心を持っていて、そのような場所の重要性を感じています。

というのも、「居場所がなくて困っている」「居場所が欲しい」と思っている人は、おそらく社会に大勢いると思っていますし、私自身もそのように思った経験があるからです。

 

居場所がないのはつらい

大分前、私は、とある県の知らない土地で一人暮らしをしながら、割とブラックな職場で働いていたことがあります。そこでは知り合いが一人もおらず、職場と家をただ往復するだけの毎日でした。

職場に人が多くいる所だったらまだよかったのですが、上司と私を含めて数人という小さな職場で、その上司がパワハラを行う人間でしたので、狭い職場で常にその影響を受け続け、なかなかきついものがありました。

そんな日々の中では、帰宅途中の駅ビルに入っている本屋に寄る時だけが、気持ちが和む時間だったように思います。

今思えば、あの時サードプレイスとなる居場所が自分にあったら、また違った気持ちで日々を過ごせていたかもしれません。

でも当時の私は、そんな場所が世の中にあるという発想がなく、結局幸か不幸か、その会社の経営不振に伴って私は仕事を辞めることになりました。

 

当時の私のように、家と職場しか行く場所や居場所がないと、その場所に何かあった場合、精神的に行きづまりやすくなってしまいます。

たとえば世間には、自営業の人や主婦、無職や引きこもりの人など、色々な事情で普段、家以外には居場所が少ないという人もいるかと思います。  

そういう場合、主な居場所である家に何かトラブルがあったりすると、苦しくなってしまうと思います。

ですから、多くの人にとって、家でも職場(学校)でもないどこかに心が安らげる場所、楽しんだりのびのびできる場所があれば、とても助かるのではないかと思うのです。

また、現在特に自分がネガティブな状況にはないという人でも、普段自分が接している人たちとは違う種類の人と会ったり繋がれる場所があれば、楽しみもできますし、世界も広がります。

 

一人の人には多様な顔がある

職場や学校は、基本的に個人が何らかの義務的な役割を与えられている場所です。人はそこでは、その与えられた役割を全うすることを求められます。

家庭もある意味では同じです。父親や母親としての役割を果たしたり、子どもとして高齢の親の面倒を見たりするのも、ある種の義務的な役割です。

その役割を果たすことは立派なことだと思うのですが、時にはそのことに疲れたと感じてしまうこともあるかもしれません。

職場も家庭も、人が毎日長い時間を過ごす場所ですから、周囲にいる人にとってはそこでの顔がその人のほとんど全てだと思ってしまいがちですが、でも本当はそれらの場所で見せる顔というのは、その人の一部にしか過ぎません。

一人の人には、本来、職場や家庭での役割をこなす自分という側面以外にも、色々な一面があるものです。

例えば、楽器を演奏するのが好き、動物が好き、囲碁が好き、人とおしゃべりするのが好き、自分が作った料理を人に食べてもらうのが好き、というような、ファーストプレイスセカンドプレイスでは見えにくい個性的でその人らしい一面が、人の数だけあるはずだと思います。

そのような趣味的なことを楽しんだり、気持ちがほっとできたり、日常では出会えない人と関わったり、生き生きとできる場所がどこかにあったら、ちょっといいと思いませんか。

職場では目立たない存在の人でも、その場所では輝けるということだって、きっとあるでしょう。

そんな、皆さんにとってのサードプレイスが、どこかにあるかもしれません。

 

どんな居場所があるのか

では、サードプレイスとなり得るような場所には、実際にはどんな所があるのでしょうか。

この社会には、探せばその人に合った魅力的な場所がきっとあると思いますが、参考までに少し例を挙げてみたいと思います。

まず思いつくのは、同じ趣味や楽しみを持った人が集まる場所です。趣味のサークルのような集まりですね。

私が知っているちょっとユニークな所では、誰でもボードゲームを遊ぶことができて、食べたり飲んだりすることもできるカフェというのがあります。

それから近年は、チェーン店ではない居酒屋が若い人などを中心に人気を博しているそうです。単にお酒を飲むだけでなくて、近くに座った知らない人とのコミュニケーションを楽しめるのがいいのだそうです。

また、シェアハウスを自分にとってのサードプレイスの一つと感じている人もいるそうです。

これらはほんの一例に過ぎませんが、この広い世界には、皆さんにとっての居心地のいい場所が、きっとどこかにあるはずです。

 

 ネットも一つの自分の居場所

自分にとって居心地のいい居場所は、現実世界だけに存在するとはかぎりません。ネット上に存在する場所も、その役割を果たしてくれる可能性があります。

例えば、SNSTwitterでは、現実社会での立場を超えて、好きな趣味を通じたりして他人と交流することができます。

Twitterには、家庭でもなかなか言えないような個人の本音を言うことができる文化があります。そして、それに対して共感したり、反応してくれる人がいます。

Twitterやその他のSNSをやっている人にとっては、そこがある種のサードプレイスになっていると言えるのではないでしょうか。

こういったネット上の場所も、立派な居場所だと私は思います。その居場所があることで、楽しむことができたり、安心したり、助かっているという人が多くいるからです。

ですから、自分にとってのサードプレイスとなる場所がすぐに現実で見つからなくて困っているという場合には、ネット上でそのような自分に合う場所を探すのもいいかもしれません。