読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ、をテーマに

SNSの強いストレスと対処法「第1回 SNS疲れの原因」

 

 目次

 

SNSをおだやかに楽しむのは難しい

SNSの利用者は日本で2016年現在、6000万人以上いるとされています。また、スマートフォン利用者の90%程度がSNSを利用しているそうです。

SNSはLINE、TwitterFacebookInstagram等、種類も実に様々なものがありますが、たまたま私が主にTwitterを利用していますので、この記事では主としてTwitterを例に書かせていただきたいと思います。

私もSNSを利用している一人として、その魅力は大きく感じているところです。

Twitterでは色々な人の考えていることや本音を読むことができたり、SNSがなかったら知り得なかった魅力的な人をネット上で知ることができて、その点ではとても感謝しています。

 

ただ、一方で、Twitterを去っていく人たちもけっこう見かけます。

Twitterのストレスにもう耐えられません。さようなら」と言い残して去って行った人を見たこともあります。

私も利用する中で感じていることですが、SNSにはもちろん楽しさもありますが、その一方で強烈なストレスとなる要素も存在しているのもまた事実です。

ご存知の方も多いと思いますが、「SNS疲れ」「ソーシャル疲れ」という言葉があります。これらは、SNS上での人との関係やコミュニケーションの中で発生するストレスや気疲れのことです。

フェイスブック疲れ」という言葉も割と有名ですよね。他にも「LINEいじめ」などSNSには特有の問題が発生しています。

SNSとは楽しみがある一方で強いストレスや危険もある、ハイリスクなものと言えるのかもしれません。

あくまで私の個人的な印象ですが、SNSはストレス要素がかなり多いので、おだやかな心で続けるにはかなり難易度が高いもののように思います。やるなら相当気をつけてやらないと、心身をやられてしまう可能性があるということです。

 

SNSの強いストレスと対処法」と題する記事の第1回目の今回は、SNSに存在する色々な種類のストレス、SNS疲れの原因となるものについて見ていきたいと思います。

そして続く第2回では、このようなストレスを回避してSNSを長く楽しんでいくための具体的な対処方法について考えてみたいと思います。

この記事がこれからSNSを始める人や、今利用しているけれども実は苦しさを抱えているという方にとって多少でも参考になれば幸いです。

 

対人関係のストレス

SNSはネット上で人と交流を持てるサービスです。ネットなので相手の顔は見えにくいですが、でも結局は人と人とのやり取りですから、種類は違ってもリアルの世界と同じような人間関係、人とのつながりにおけるストレスはつきものです。

最初から人とあまり関わらないスタイルの人は問題ないでしょうが、例えばTwitterを利用している多くの人は相手に「いいね」を送ったり、時にはリプライで言葉を交わしたりして交流をします。

そうやって他者と関わっていく中で、SNSでは時に特有の人間関係における気疲れが発生することがあります。

 

(気遣いによる疲れ)

SNSでは、フォロワーや友達に対して、人によってはけっこうな気遣いのストレスが生じます。例えば、

  • 相互フォローしている相手のツイートを毎日のようにチェックして、毎回「いいね」を送ったり反応しなきゃ。
  • 相手に「いいね」を送ってもらったから今度は自分もお返しをしなきゃ。
  • 友達が記事や写真を投稿したから、それを友達としてシェアしなきゃ。

こういった感じで、SNSでは義務感による気疲れが生じることがあります。そして、このような義務の意識が強過ぎるようになると、だんだん楽しいものではなくなってしまいます。

それに、義務感によって、本当はいいと思っていないのに「いいね」を入れたり、いいと思っていないのに記事をシェアすることには問題があります。

まず、それらは自分の気持ちに反することをしていることになりますし、また良質ではないコンテンツを他の人に広めることになってしまうからです。

このように、SNSで無理して人に気を遣い過ぎていると、知らない間に自分の内側に気疲れのストレスが蓄積されてぐったりしてしまいます。

 

(人との関わり方の問題)

SNSでの人との関わり方は少し注意が必要です。

例えば特定の誰かと関わるとき、時とともに自然に相手と仲が深くなっていくのは問題ないと思いますが、最初から高いテンションで相手と深く関わり過ぎると後々困ったことになりやすくなります。

最初から人とそのように関わると、自ずとお互いに対する期待のハードルが上がりますので、例えば初期の頃高いテンションで頻繁に絡んだり「いいね」を入れてくれていた人が、やがて絡んでくれなくなったり「いいね」を送ってくれる頻度が減ったりすると、「あれ?」ということになります。「あの人、私のこと嫌いになったのかな?」と。

本当は今までのテンションの高さが異常だっただけで、ただ普通の状態に戻っただけだったりするのですが。

でもそんな時、初期の頃とのギャップを感じてしまって、「あれだけ親しくしていたはずなのに・・」と、仲良くなるどころか相手に対する印象が悪くなってしまうなんていうことがよくあるのです。

実際、Twitterで相互フォローした初期の頃にかなりの頻度で「いいね」を入れたり入れられたりする相手というのは、やがて疎遠になりやすいという傾向があります。

そういう相手とはやはり最初にお互いに対する良い印象のハードルが上がり過ぎてしまっているので、やがて時が経つとそのギャップで今度は相手の悪い所ばかりが目につくようになったり、また相手に飽きてしまったりして次第に離れていってしまうようです。

 

それから、人との関わり方に関する別の話ですが、例えばTwitterでは相互フォローしてる人が他にも多くいる中で、その内の特定の人とだけいつもやり取りしていると、それが内輪のようになって内輪の外にいる人に疎外感を与えることがあります。

SNSで人と良好な関係を続けていくためには、人との関わり方にもある程度工夫が必要かもしれません。

 

 

自意識に関するストレス

さて、SNSでは上記のような他者との接し方、自分の外部に対するに気苦労の他にも、自分の内部における問題もあります。

それは自意識にまつわるストレスです。

SNSでは、自分が他人から「承認されている」「嫌われている」「人気がある」「人気がない」といったことを自然と意識してしまいやすい仕組みになっています。

言ってみれば、自分の価値がどうなのか、高いのか低いのか、といったことを無意識のうちに意識させられるのです。(中には気にしない人もいるかもしれませんが)

そしてそういうことに頻繁に一喜一憂することは、実は私たちをとても疲れさせます。

 

(反応がないことの寂しさ、辛さ)

私たちがSNSで投稿したりブログに記事を書く時、多くの人はそれが他人に見られることを心の内では期待しているでしょう。たとえ目に見える反応がなくても、もしかしたら誰かが見ているかもしれない、と。

さて、私が使っているTwitterというサービスはブラックホールのようだという人もいるそうです。自分の発信したツイートは、まるで宇宙に存在する広大な穴に吸い込まれるかのように誰の所にも届かず消えていくように感じる、と。

Twitterでもブログでも、たしかに投稿しても他者からの反応がなければそう感じるのももっともです。

そして実際にSNSでもブログでもそういったことは割とよくあることなのです。そうなると、それらを続けることが虚しくなってやめてしまうのも無理はありません。

SNSでは自分が他者から見られる、反応があるということが大きな魅力なのかもしれませんが、逆に反応がなければ期待していた分強い苦しみを味わうことになります。

 

(人に嫌われるストレス)

SNSの中でも一番強烈なストレスはこれかもしれません。つまり誰かから否定、拒絶される辛さです。

Twitterで言えば、時に自分が他者からフォローを外されたりブロックされることがあります。これは言わば人から嫌われた、否定されたこと意味する出来事で、否定された側にとってはけっこうなストレスになります。

Twitterではこのように自分が人から嫌われたと感じる機会は割とあります。

例えばフォロワー数が減っていくのを目にする時。誰かをフォローしても相手からフォローが返ってこない時。最初は「いいね」を送ったり絡んできてくれていた人がやがて接触してこなくなる時、等々・・。

私たちにとって人から嫌われる、拒絶されるということは通常強いストレスやショックとなります。

ところが、SNS上には気の短い人、怒りっぽい人、感情的な人はけっこう多くいます。ですから、SNSを利用しているとそういった目に遭うこともあるでしょう。

それに、人を好きになるのも嫌うのも個人の自由ですから、自分が誰かから嫌われたり拒絶されたとしても、それはまあ仕方のないこと。逆に自分から誰かを拒否することだって少なからずあるでしょうから。

SNSはそのように人を嫌ったり嫌われたりが頻繁に行われる場でもありますから、そのことに耐えられないと心労を抱えることになります。

 

(人と比べることによる苦しみ)

SNSは人と自分を比べてしまうことでストレスが発生しやすいシステムでもあります。

あの人は友達が多い、あの人は沢山反応がある、あいつはリア充・・・。フォロワー数だとか、「いいね」の数だとか、やたら数字も押し出してくるので、無意識のうちについつい自分を他人と比較してしまいがちです。

有名な「フェイスブック疲れ」の原因も大半はこの他人との比較にあるのではないでしょうか。

よく言われていることですが、フェイスブックでは自慢したり自分をよく見せようと演出している人が多いように私も感じています。

別に聞いてもいないのに目に飛び込んでくる学歴や勤務先等の情報。自撮り写真や自分の子供の写真、おしゃれなランチの写真、幸せな出来事の報告等々・・・。

当人たちは無意識で悪意はないのかもしれませんけれど、うーん、どうにも臭います。

悪意があろうがなかろうが、そういったものが少なくない数の人を疲れさせているのは事実のようです。

人と自分を比べるのは何かと疲れますし、心のおだやかさも失われてしまいます。

 

(人気者が抱える闇)

Twitterではツイートするたびに多くの反応がある人、「いいね」が沢山送られるような人気のある人がいます。このようにSNSで多くの他者から承認されるのは一見特に問題がないように見えます。

でも、普段からそうやって沢山「いいね」を送りもらい慣れている人が、段々その「いいね」の数が減るようになったらどうなるでしょうか。おそらく心中穏やかではいられないでしょう。

 

実はTwitterの「いいね」の数にはある種のからくりがありまして、Twitterで他者から送られる「いいね」というのは、実はその多くはこちらが送った「いいね」のお返しのようなものに過ぎないのです。

ですから、「いいね」を沢山送ってもらえる人というのは、他の人に沢山「いいね」を入れている人というのがほとんどです。

そして、こちらが「いいね」を送らなくなれば自然と入れてもらえる数も減ります。

芸能人や有名人でもないかぎり、こちらが「いいね」を送っていないのに他人から一方的に「いいね」を沢山送ってもらうということはそうそうありません。

その事情を知らない人が「いいね」を沢山もらっている人を見ると、「人気者だなあ」と思うかもしれませんが、実態はそのようなことなのです。

そしてその人気者の人たちも、かなり気を遣って毎日のように他人のツイートを見ては「いいね」を沢山送っているので、中にはそのことに疲れてしまう人もけっこういるようです。

 

また、他にもTwitterの世界では自分の人気者ぶり、カリスマ性を演出したいのか、有名人のアカウントのように自分のフォロー数は極端に少なくし、フォロワー数は多くしようとしている人などもいます。

そのような人は、一度相互フォローした相手に対するフォローをどんどん外したりしているようです。でも、そんなもののためにフォローを外された人からは多くの怒りを買うでしょうし、ブロックされたり攻撃的な言葉を受け取ることにもなるでしょう。

それは自業自得ですから仕方ありません。

人から怒りを買ったり嫌われるのは、フェイスブック等で自慢めいたことをしている人にしても同じこと。

 このように、一見人気者に見える立場の人でも、SNSの世界で心中穏やかでいるのはなかなか難しいことのようです。

 

まとめ

長くなりましたが、ここまで見てきたようにSNSには多くのストレス要因が存在していまして、ここに挙げたのは一例に過ぎず、人によって他にも様々なストレスがあるのではないかと思います。

変な人に絡まれて困るとか、見ず知らずの他人から攻撃的な言葉を受けて嫌な気持ちになるとか、色々あるでしょう。

実際に利用していて思うのですが、SNSではどんな立場の人でもおだやかに利用を楽しんでいくのはなかなか難しいのではないか、というのが私の印象です。

続く第2回では、私たちがこういったSNSのストレスを避けて長く楽しんでいくための具体的な対処方法について考えていきたいと思います。