小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ、をテーマに

名将アレックス・ファーガソン監督を唸らせたダニー・ウェルベックの一言

 

鬼監督も一目置いたウェルベック選手の言葉

 

ダニー・ウェルベックというイングランド代表のサッカー選手がいます。

2016年現在はイギリスのアーセナルというチームに所属していますが、以前はマンチェスター・ユナイテッドに所属しており、日本の香川慎司選手の同僚でもありました。

マンチェスター・ユナイテッドと言えばその代表的存在は、27年にも渡ってチームを率いて2013年に勇退した名将アレックス・ファーガソン監督です。

先日、そのファーガソン監督の自伝を読んでいたら監督現役時代のこんなエピソードがちらりと書かれていました。

 

ある日、ファーガソン監督が、いつも生意気この上ないウェルベックにこんなことを言ったそうです。

「いつかお前を殺してやるぞ」

するとウェルベックはこう答えました。

 

「悪くない死に方ですね」

 

この切り返しにファーガソン監督も思わず唸ったようです。

 

ファーガソン監督と言えば、選手の管理や規律にはとても厳しく、顔を赤くして激怒する姿からヘアドライヤーという異名を持つ人物。

香川選手も「あんなに怒る人だとは思わなかった」と言うほど激しい性格の監督ですが、そんな監督も思わず舌を巻いた、ハリウッド映画の登場人物並みのウェルベックのユーモアのセンス。

 

たしかに、もしファーガソン監督に殺されるということがあるとしたら、それはある意味すごく名誉なことです。

あの世界的名監督ファーガソンに殺された人、またその名将に殺人を犯させるほど本気で怒らせた人として歴史に残るでしょう。

このユーモアの秀逸な点は、ファーガソン監督の偉大さをリスペクトしている気持ちが込められていることです。

「あなたほどの人に殺されて死ぬならば、それはむしろ名誉なことですよ」と。

だから、ファーガソン監督も心なしか本の中でこのエピソードを嬉しそうに語っている印象でした。

 

冗談とはいえ「殺してやるぞ」と言ってきた偉大なボスを一瞬で手玉に取り、「こいつ、やるな」と思わせたウェルベックの魔法のような一言。

見事ですね。

 

ユーモア、笑いの効用

 

私がこのエピソードを読んで思ったのは、ユーモアって大事だなあ、ということです。

実際、ファーガソン監督も自伝の中でウェルベックについて記述しているページはほんのわずかだったのですが、その中でウェルベックのことを「いつも鮮やかな切り返しをする男」として賞賛とともに書き記しています。

 

こういったユーモアというのは、なくても生きてはいけるものだと思いますが、あるとうれしいもの、人を喜ばせることができる貴重なものではないでしょうか。

私もこのエピソードがいいと思ってこうやって記事に書いているわけですし。

ユーモアや笑いというものは、直接的な利益をもたらすものではないかもしれませんが、生活の中で人の幸福に関わるけっこう重要なものではないかという気がします。

 

ユーモアにしても笑いにしても、余裕がないとなかなか持てないものではありますが、そういう時こそ必要だし、持っていたいと思うものでもあります。

ウェルベック選手自身も、その後選手としての順風満帆なキャリアを送っているわけではないようです。

でもたまたま読んだ本の中にあったウェルベック選手の一言から、重要なことを気づかせてもらった気がします。