小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

小金井書房について

 

f:id:koganeisyobou:20161024151113j:plain

 

 

小金井書房では一人で本(電子書籍)を作っています。

 

当書房の主要なテーマは、「平安」「孤独」「楽しさ」です。

これだけに拘って本を作っているわけではありませんが、この三つを重要なものと考えています。

 

「平安」とは私たち一人一人の心の平安、および社会の平安のことです。

 

 「孤独」とは時に私たちにとって最も辛く苦しいものでありますが、孤独は必ずしも悪いものとは限りません。

それは深い悦びをもたらしてくれるものでもありますし、どれだけ家族やパートナー、友人等がいても私たちは基本は一人であり、孤独は生きていく上で切り離すことはできないものであるように思います。

 

 「楽しさ」は単純に素晴らしいものです。

ただ、昨今は自然災害が頻発し、テレビを見れば暗い気持ちになるニュースが流れ、経済は明るい先行きが見えず、人は毎日のように批判や攻撃をし合っています。

そんな日常の中で、楽しさという感情を得るのはなかなか簡単なことではないかもしれません。

しかし、楽しさやユーモアというのは私たちを幸せにしてくれるものであり、そういった困難な状況の中でこそ必要になるものです。

簡単には得られないからこそ、私たちが積極的にそれを求めていく姿勢が必要な時代であるのかもしれません。

 

当書房は一人で本を制作し営業もしています。ですから、一つの本を作るのに時間がかかってしまうという短所を抱えています。

それは逆に、ノルマに追われることなく本を丁寧に作ることができるという長所でもあります。

 

ちなみに、当書房が電子書籍を作っているのは、紙の本より電子書籍を支持しているからではなく、電子書籍ならば自ら本を出版する機会が得られるという理由からです。

 本や読書の一愛好家としては、紙の本と電子書籍、どちらにも魅力やメリットを感じています。

 

当書房では冒頭に挙げたテーマを踏まえつつも、ジャンルを問わず、社会の需要に応える本、数十年後も価値のある本、多くの方に読んでよかったと思って頂けるような本を作っていきたいと思っています。

 

 

 

 

広告を非表示にする