読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ、をテーマに

好きなことがあるということ

好きなものがある=楽しみがある

好きなものがある人はいいなあ、と思います。

好きなことや趣味があるということは、楽しみがあるということです。

私はTwitterというものをやっていますが、フォローしている方たちを見ていると、みなさん色々なことを楽しんでいます。

大正浪漫が好きという人から、考古学、編み物、ビリヤード、昆虫、廃墟の撮影、釣り、映画、喫茶店巡り、街歩きが好きという人まで、人によって本当に様々です。

そういった私には未知の世界を楽しんでいる方たちを、憧れに近い気持ちで眺めています。

楽しそうでいいなあ、と。

自分も一緒に混ぜてほしいような、その楽しみを教えて欲しいような気持ちになります。

世間的にはとてもマイナーなものに熱中している人は、どうして最初それを好きになったのでしょうか? そのきっかけにもとても興味があります。

 

楽しんでいる人はあまり怒らない

興味深いのは、そういった趣味を持っている人たちのツイートを見ていると、割とおだやかな方が多いということです。何かに怒ったり批判している人はあまりいません。

もしかすると、楽しいことをしていることによるポジティブな気持ちが自然とそうさせるのでしょうか。

もちろんその人たちも人間ですから、怒ったり負の感情を持つこともあるでしょうけれど、少なくともそういったものをあまり表には出さないようです。

そういう人たちは、目の前の楽しいことに夢中になっているから、世間や他人の批判をしたりしている暇はないし、そんなことに興味もないのかもしれません。

好きなものを楽しんでいる人からはプラスのエネルギーを感じます。

たとえ趣味が「廃墟の撮影」という、一見暗そうに見えるものであっても、それを撮りたいというエネルギーを感じるのです。

だからなのか、好きなことを楽しんでいる人には人を惹きつける魅力があります。

 

「趣味がない」「好きなことがわからない」と嘆くこともない

こんな文章を読んでいると、ひょっとすると「今、自分には趣味や好きなものがない」または「自分が好きなことがわからない」などと思っている方は少し暗い気持ちになるかもしれません。

でも、全然そんな必要はないと思います。

これを書いている私自身も、人が「おっ」というような趣味などはありませんし、「好きなものを見つけなければならない」と義務的に感じては苦しくなってしまうだけです。

義務感や苦しみを抱いてしまうと、それは楽しい状態とは逆になってしまいますので、本末転倒ということになってしまいます。

趣味や好きなことなんて、無ければ無いでそれでいいのではないでしょうか。

 また、「今好きなものがない」という人は、これからそれを見つけていくという行為や過程、それ自体を一つの楽しみにすればいいのではないでしょうか。

 

それはそれとして。

好きなものを持つということ。

これは、どんな立場の人にも平等に与えられているものです。

考えてみれば、これはとてもありがたいことです。

みなさんも私も、好きなものを持つことを許されているのです。

そして、好きなものは本当に何だっていいのだと思います。

人に誇れるようなものである必要はありません。他人に迷惑をかけないものなら何でもいいはず。

 おいしいごはんが好きとか、風呂に入るのが好き、酒が好き、何かのテレビ番組が好き。犬や猫が好き、など何でもいいのでしょう。

とにかく少しでも自分のテンションが上がる些細な何かがあればいいのだと思います。

 

ちなみに私は毎日の中でコーヒーと一緒に甘いものを食べる時間を小さな楽しみにしているのですが、その時間の存在は案外大きいものです。

それから、日々の食事の時間を楽しみにしています。

(あらためて考えると食べることに関することばかり・・・)

それらは趣味というほどでもない些細なことかもしれませんが、そういう小さな楽しみが少しでもあれば、日常で大変なことがあっても人はやっていけるのかもしれないと思うのです。

世界はマイナスのことばかりではないのだ、と。

 

 

広告を非表示にする