読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ、をテーマに

ひとりぼっち、生きるのが辛い人のための本『ムーミン童話の百科事典』

 

ムーミン童話の魅力を網羅した事典

ムーミン童話の百科事典』(講談社)は、ムーミン童話、小説に登場するあらゆる言葉をまとめた事典です。全部で約370ページあり、結構なボリュームがあります。

一つの項目について書かれている内容はかなり詳しく、登場人物から物語に登場する小さな道具や植物にいたるまで、多くの文字数を使って紹介されています。

登場人物はスナフキンやスニフ等はもちろんのこと、フィリフヨンカ、ホムサ=トフト、ガフサ夫人、おしゃまさん、飛行おに、漁師といったマニアックなキャラまで掲載。

道具等については例えば「なべ」という項目を見てみると、「ムーミンたちがどういう時に使うか」「帽子の代わりに被る者もいる」「ムーミンパパは海で、泳げないヘムレンおばさんをシチューなべにのせてたすけた」など、童話の中でのなべの使われ方について詳しく書かれています。

小説で使われているイラストもちゃんと載っていますし、事典に掲載されている言葉がシリーズ中のどの作品に出てくるものなのかもちゃんと記されているので便利です。

シリーズ個々の作品のあらすじも記載されているので、この一冊にムーミン童話の全てが網羅されていると言えるかもしれません。

 

作品に登場するそそる食べものや飲みもの

特徴としては、食べものや飲みものに関する言葉が割と多く掲載されているという印象を受けます。ムーミン作品においては食べものが重要な存在になっているということでしょう。

たしかにムーミン作品に出てくる食べものや飲みものは、どれも魅力的でそそられます。

「キャラメル」の項目では、「ムーミンママはいつもハンドバッグや缶にキャラメルを入れていて、励ますときや寝しななどに3個ずつ配る」とあり、

「コーヒーポット」の項目には、「ものをほとんど所有していないスナフキンも、コーヒーポットはもっている。彼は、小川の水を入れ、たき火でコーヒーをわかしている」とあるなど、食べものや飲みものに関するものが登場人物と深く関わっていることがうかがえます。

全体を通してムーミン童話に対する思いが感じられて、事典という形式ではありますがムーミン好きには読み物として深く楽しめるものになっています。

 

一人ぼっちで寂しい、生きているのが辛いと感じたら

この事典には序文と、その他に本の後半部分に「ムーミン童話の魅力」というコラムがあります。どちらもこの本の主要著者の一人である高橋静男氏によって書かれたそれほど長くはない文章なのですが、この二つの文章はムーミン童話と作者であるトーベ・ヤンソンを理解するのを助けてくれる貴重なものになっています。

その序文によると、ムーミン童話の作者ヤンソン氏のもとには、1960年代初めから世界中の読者から毎年約2千通の手紙が送られてきて、その多くはひとりぼっちの寂しさや自分のいる場所がなくて辛いという思いをつづってきているそうです。

そして序文の最後には、「生きているのがつらくなったと感じたときなどに、この事典を開いてみてください」と書かれています。

 

たしかにこの事典にもムーミン童話にも、一人で孤独な状態にある人たちの心を癒してくれるような力があると感じます。

一つ例を挙げると、この事典には「ひとりぼっち」という項目があり、「フィンランドには近くに誰もいない森の中の一軒家で、一人静かに暮らしたいという夢を持っている人が多い」「ムーミン童話にも、好んで一人暮らしをする者が沢山登場する」ということが書かれています。

つまり、ムーミン童話においてもフィンランドにおいても、孤独や一人ぼっちであるということはマイナスの状況ではなく、むしろプラスの好ましい状況であると捉えられているのです。

それどころか、ヤンソン氏は孤独を「最高の贅沢」であり「誇り高い生き方」であるとさえ言っています。

これは、今孤独感をもっていて辛いと感じている人にとっては気を楽にさせてくれるものであり、また勇気づけてくれるものではないでしょうか。

 

環境になじめない、孤立して苦しんでいる人たちに向けて

この事典の最後には、ムーミン童話の原作者であり、作家・画家であるトーベ・ヤンソンについての年表が約40ページに渡って記載されています。

それによると若い頃のヤンソンは学校というものに対して「答えを知っている者(先生)が答えをきいてくることが不思議でならない」と感じていたそうで、学校が嫌いだったとのこと。だからムーミン童話には学校が登場しないのだそうです。

また、ヤンソンは十代の頃学校で友達ができず、ひとりぼっちだったそうです。ムーミン作品に孤独な登場人物がよく出てくるのは、そういった背景が関係しているのかもしれません。

この年表の中には、作者本人の貴重な言葉もいくつか記されています。

その中の一つで、誰にために物語を書いているのかという質問に対してヤンソン氏は、

「一つは自分のため、もう一つは、なんらかの環境になじめずに苦しんでいるような人たち、社会のすみっこで見捨てられている人たちのために書いている」という発言しています。

このように、作者の生い立ちを通してムーミン作品に対する理解がさらに深まって、この年表の部分もムーミンファンにはかなり興味深いものになっています。

 

 最後に。

この本は事典というだけあって、やや大きくて重いです。買ったり図書館で借りる際にはそれを想定しておくといいかもしれません。

 

 

ムーミン童話の百科事典

ムーミン童話の百科事典