小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

ポケットティッシュが受け取られない意外な理由

 

f:id:koganeisyobou:20161105112704j:plain

 

ある東京郊外の駅前でのこと

少し前、東京の端のほうにある郊外の街の駅前を夜一人で歩いていた時のことです。

道の遠くに見える何かの店の前で、道行く人に声をかけようとしているか、または何かを配ろうとしている風に立っている女の人が見えました。

このまま私がまっすぐ歩いて行けば、その女の人の前を通るのは確実です。

何かチラシみたいなものを渡されたら嫌だなと思って、違う道を通ろうかと思ったのですが、そんなことでわざわざ違う道を歩かされるのも何だか嫌だと思ったので、結局そのまままっすぐ歩くことにしました。

それで、その遠くに見える女の人まで距離が100メートル近くあったと思うのですが、そこまで向かう途中、目の前を一人も人が通らないんです。駅前なのに。

ですからもう、その女の人も、確実に私の存在を認識しているはずなんです。

夜まだ9時くらいだったはずなんですが、駅前なのに人が一人も通らないなんて、そんな馬鹿な・・。ここは本当に東京なのか? それとも夢でも見ているのか・・?

などと考えながら、ついにその女の人の前を通る時が来ました。

「やっと会えましたね」

そんなことを当然言うはずもなく、私はその前を通り過ぎようとしました。

すれ違う刹那、女の人はサッと私に何かを差し出しました。

私は何かの宣伝的なものはもらいたくなかったので、軽く頭を下げて素通りしました。

でも通り過ぎた直後、横目でそれがポケットティッシュだったのだとわかりました。

 

それで、思ったのです。なんだティッシュだったのか。

だったらもらえばよかったな、と。

 

ティッシュが受け取られない意外な盲点

街中で人が何かを配っているとき、何かの宣伝的なものは大抵こちらにとってはゴミにしかならないので、多くの人は受け取りたくないのではないかと思います。

だから何かを渡されそうになっても、その前を素通りします。

ティッシュ配りの人が配っているティッシュも、みんなが受け取るわけではありません。

私もチラシなどは受け取りたくないのですが、ティッシュに関しては別で、積極的に受け取ります。

なぜかというと、ティッシュはゴミではないからです。

それどころか生活する上で欠かせないものです。

ティッシュというのは買えば当然お金がかかりますし、それだけでなく、一般的に売られているボックス型のティッシュ5箱入りのものをスーパー等で買えば、買い物としてはかなりかさばる荷物にもなります。

ですから、ポケットティッシュが無料でもらえるというのはすごく助かるのです。

外国ではこのように街で無料でティッシュを配る文化はないので、日本に来た外国人は驚くそうです。

 

そんなありがたいポケットティッシュなのですが、どうして受け取らない人がいるのかというと、単に受け取らない主義の人もいるでしょうが、

中には先ほどの私の例のように、人が配っているものがなにかの宣伝物なのかポケットティッシュなのか、もらうぎりぎりになるまでわからないので、結局気づいたときには素通りしてもらいそこねる、というケースもけっこうあるのではないかと思います。

ティッシュ配りの人はポケットティッシュを受け取ってもらいたい。

こちらもポケットティッシュが欲しい。

両者の願いは同じなのに、そんなちょっとしたことが原因で目的が実現しないという、何とももったいない不幸が起こっているのです。

 

ポケットティッシュが受け取られやすくなる方法

そこで、そんな不幸な状況を解決する方法を考えてみました。

その方法とは、ティッシュ配りの人がティッシュを配る時に、ティッシュです」と声に出して言うということです。

「ただ今ティッシュをお配りしています」でも「ティッシュ、いかがっすか」でも何でもかまいません。

ティッシュ配りの人はよく「ただ今~のご案内をしています」とか「よろしくお願いします」などと言って配っていますが、そうではなくてとにかく、ティッシュを配っているという事実を声にして伝えるのです。

そうすれば、少し離れたところからでも「ああ、あれはティッシュを配っているのだな」とわかるので、こちらももらいそこねることがなくなりますし、ティッシュ配りの人も受け取ってもらいやすくなるので、両者ともにハッピーになれるという算段です。

 

一見馬鹿馬鹿しく見えるほどシンプルなやり方ですが、けっこう効果はあるような気がするのですがいかがでしょうか。

これからティッシュを配る予定のある方は、よかったら試してみていただきたいです。