小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

孤独な人物が登場する小説を読みたかった

 

 

孤独を癒す本を求めていた

 今から遠い前の話。私は就職のために、それまで長く住んでいた土地を離れて、とある県で一人暮らしをしながら仕事に就いていたことがあった。

その職場は私を含めて数人しかいないところで、私は独裁者的な年配の女性パワハラ上司の下で働いていた。

見知らぬ土地で、慣れない仕事と上司からの圧力に疲れて毎日アパートに帰っても、誰とも関わる機会がない。仕事のない休日も同じだった。人と関わることがない。

まだ、今のようにSNSも普及していなかった頃の話だ。

 

 そんな孤独な生活を送っていた頃、私はよく、孤独な人物が出てくる小説を読みたいと思っていた。映像作品でもよかった。そういうものを見て、共感して癒されたいと思ったのだと思う。

でも、いざ探してみると、自分が期待しているようなものはなかなか見つからなかった。ネットでも検索してみたけれど、これというものがない。

ある時、仕事の帰りに、駅ビルの本屋で文庫の背表紙を端から端まで見て探したこともあった。

その時、幻冬舎文庫の中に赤川次郎の『ひとり暮らし』というタイトルの小説を見つけて手に取ってみたものの、それは東京で一人暮らしを始めた女子大生を描いたユーモア青春小説で、私が読みたいのとはちょっと違うな、と思って棚に戻した記憶がある。

結局、色々探してみて、孤独な人物が出てくるフィクションやノンフィクションの作品をいくつか見つけることはできたものの、「こういうのが読みたかったんだ」というようなものまでは見つけることができなかった。

今でも覚えているのは、当時一番共感したのは本ではなく、ネットで見つけた若い女性の書き込みだった。

その人は実家がある北海道から遠く離れた都会で働きながら一人暮らしをしているが、やはり知り合いも友人もいない土地で孤独を感じていて、休日はベッドに寝転がりぼーっと天井を眺めたりしているだけ、というような内容のものだった。

 

社会から否定され、隠蔽されている「孤独」

 こんなに世の中に本も映像作品もあるのに、どうして私が読みたいもの、観たいようなものがないのだろうか(単に私が見つけられなかっただけというのもあるが)。

当時の私はそのことに愕然としたが、今になってみてわかることがある。

思うに、そのような作品が少ない一番の理由は、世間を大きく支配している価値観にあるように感じる。それは、「絆が大切」「孤独は良くないもの」という価値観だ。

 

 私たちが普段目にするテレビやドラマ等では、家族や友人、恋人がいることの大切さや幸せを押し出してくる。

「家族って素晴らしいよね。友人や恋人がいるっていいよね」

そういう「家族や恋人がいることこそが幸せ」という、強大な宗教にも似た価値観が世の中全体を支配していて、テレビではそんな番組が多く目につく。

例えば「のど自慢」や市井の人々の昼ご飯を紹介する番組などを見ても、なぜか家族に恵まれている人ばかりが出てくる。意図的にそういう風に編集されているところがあるのだろう。

だから、リアルに孤独な人を目にする機会は、テレビではほとんどない。そういう人たちが表に出てこない仕組みになっている。これはある種、隠蔽されているといえると思う。

また、映画やドラマ等のフィクションでは、男女の恋愛がテーマとして扱われることが非常に多い。

 

 このようにして、私たちが普通に暮らしているとそんなものばかりが目に付くことになり、現在孤独な状況にある人は、ますます孤独感で苦しんでしまうようになる。

みんな家族がいたり恋愛をしたりしているのに、どうして自分は孤独で不幸なんだろう。恵まれていないのだろう、と。

しかし、それはメディアが作り出した虚構に騙されているのに過ぎない。表に出てこないので見えにくくなっているだけで、実際には老若男女、孤独な人は世の中に大勢いるのだ。

念のため書いておくと、私は家族や人の絆を否定しているわけではない。

ただ、あまりにも社会がそれらを無自覚かつ一辺倒に押し付けているので、それが一種の暴力となり、見えないところで苦しんでいる人が実は多くいるということを指摘したいだけだ。

 

そしてできた小説『静かなひとり暮らしたち』

 そこで、当書房は孤独を扱う小説(電子書籍)を作ることにした。

世の中には様々な種類の孤独を感じている人がいて、かつての自分のように、孤独な人物が出てくるフィクションを求めている人が必ずいるはずだからだ。

なぜ電子書籍という媒体なのかというと、それは単に今の当書房が紙の書籍として販売することができないためで、できればいずれ電子書籍として販売するだけでなく、紙の本としても多くの人に手に取って頂きたいと思っている。

 

 さて、そうしてできた小説『静かなひとり暮らしたち』は、年齢も境遇も様々な五人の男女が登場する短編小説集である。

この小説には、会話がほとんど出てこない。

なぜかというと、現実の孤独な人というのは、ほとんど会話をしないからだ。

世の中の小説好きの人の中には、会話の部分が好きな人がいることは知っている。しかし、この小説では会話はかなり少ない。

そういう点では、人によっては多少好みが分かれるところがあるかもしれないが、リアリティのある作品になっていると思う。

それに、小説における地の文と呼ばれる会話以外の部分は、映画やドラマ等の映像作品にはない小説ならではの魅力でもある。

 

孤独は必ずしも悪いものではない

 孤独は現在の社会の中で表には出てこない、見えにくいものになっている。良くないもの。避けなければならないネガティブなものとして。

たしかに、私が冒頭で取り上げたような過去の私自身の孤独も、辛いものとして取り上げている。

しかし、孤独は悪い面ばかりではない。それもまた事実だ。

孤独だから、楽しさも幸せも享受できないということはない。 

『静かなひとり暮らしたち』では、孤独は必ずしも悪いものではなく、悲惨でもないものとして描かれている。

それどころか、むしろ自ら進んでそういう状況に身を置いている登場人物もいる。

彼ら、彼女らは、淡々と一人の生活を送りながら、孤独だからこそ得られる静かな感覚や悦びを享受している。

 

 孤独を辞書で調べると「他者との接触がなく、ひとりきりであること」というような意味が出てくる。

どんな人だって、自分という人間はただの一人きりなのだから、孤独と無縁ではない。

この作品を、現在孤独な状況にあるという人にお薦めしたいのはもちろんのこと、興味をもった多くの人に読んでいただけたらと思う。

このブログ内で作品の抜粋の一部を掲載しているので、ご参考にどうぞ。

 

 

 

静かなひとり暮らしたち

静かなひとり暮らしたち

  • 作者: 佐藤密
  • 出版者: 小金井書房
  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: Kindle