小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

俳優はみんな演技が上手い

 

f:id:koganeisyobou:20160207212749j:plain

 

役者で演技が下手な人があまりいない

 普段、何気なくテレビや映画などを見ていると、俳優や役者という人たちが演技をしているのをよく見かけるわけですが、あらためて考えてみると、ドラマや映画に出ている人というのは、みんな演技が上手いと感じます。

私は昔から映像作品は外国のものも日本のものも結構観ていて、演技をしている人たちを注目して見ているのですが、役者の演技が下手だと感じたり違和感を覚えるようなことがほとんどないのです(もちろん、時にはありますが)。

例えば、素人である私が自分の演技している姿をリアルに想像してみると、あんなに上手くはできないと感じます。おそらく、放送事故的な感じになるでしょう。

 先日、洋画が好きで邦画はほぼ観ないという人と話をする機会があり、その人に「どうして日本のものは観ないのですか」と聞いたら、「日本人の演技はあまり…」と言っていました。日本人の演技はあまり上手くない、と言いたかったようです。

しかし、洋画も邦画もどちらも観てきた私の印象では、日本人の演技が下手ということはありません。ただ、外国と日本では文化が違うので、求められる演技も自ずと違ったものになります。そこを分けて考える必要があるのではないでしょうか。

 役者の演技が下手だと簡単に言う人は、おそらく演じるということの難しさが想像できないのではないかという気がします。

そもそも、カメラが回っていて、大勢の色々な人が見ている前で演技をするということが、かなり難しいことだと思います。そんな状況で自然に演技をするということが、どれだけ大変なことか。

やはり、ああして表舞台に立っている人たちは、皆選ばれたプロだから上手いのか。また、ドラマや映画には演出という仕事の人がいるので、その方たちの役割も大きいように思います。

 

 ただ、俳優というのは、演技をすることを仕事にしているプロですから、上手いのは当然と言えばそうなのかもしれませんが、驚くのは、本来演じることが本職ではないはずのお笑い芸人やアイドルのような人たちがドラマや映画で演技をしても、上手いという印象を受けることが多いことです。

例えば、お笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造氏が俳優として演技をしているのを見かけることがありますが、彼の演技には凄みすら感じます。他にもお笑い芸人の人たちが映像作品で演技しているのを度々見かけますが、皆さん大抵上手い。

お笑いのコントというのも一種のフィクションを演じているものですから、そういう点ではお笑い芸人の人たちには、みんな演技の素養があるのかもしれません。

ジャニーズの人も演技が上手い人が多い印象です。元SMAPの草彅剛氏の演技力は素晴らしいと思いますし、香取慎吾氏の演技も、昔からドラマで見かける度に上手いと感じます。

 

比較して初めてわかる演技の上手さ

 けれども、ドラマや映画に出ている人みんなが演技が上手いと、下手な人がいなくて比較対象がないので、その演技の上手さが一般的には認識されにくい状況になっているのかもしれません。

 そんな中でも稀にですが、演技に違和感がある人を見かけることはあります。そういったものをたまに見かけると、やはり、当たり前のように見ていた他の俳優や役者たちはみんな本当は演技が上手かったのだと実感します。

 その稀な例の一つとして、テレビドラマ『古畑任三郎』の犯人役で、野球のイチロー選手が登場した時は、演技にいささかの違和感というか不自然さを感じました。

もちろん、これはイチロー選手が悪いのではなく、演技のプロではない一般の人が演じたらああなるのが普通なのでしょう。むしろ、イチロー選手は演技のアマチュアとしては上手い部類である可能性もあります。

また、日本のバブル期の頃のドラマなどをたまたま見たりすると、全体的に現代よりは若干演技が上手くない気がする、と感じることがあります。

 演技や芝居の世界も、時代とともにいいお手本が次々に登場して、どんどん洗練されて進化しているということかもしれません。

 

 俳優の演技に注目して映像作品を観ていると、総じて演技が上手いと感じますし、凄みを感じることも少なくありません。

ですから、やはり演技をしている人たちは凄いと思いますし、テレビドラマのように、私たちが普段何気なく見ているものの中に実はプロフェッショナルなものが存在しているのだと思うと、尊敬の念を抱くのです。